本文へ移動

革手の種類説明

材質種類 特徴

素材に天然の革を使用することから、使い込む事によってしだいに手に馴染んでいきます。柔らかくて使いやすくハードな作業から一般作業まで多用途に使用できます。火や熱さに強く、鉄工作業などの火を扱う現場や、重いものを手で扱う現場などで使用されます。

革手袋は、原材料に天然皮革(牛・豚・ヤギ・羊など)を使用していますので、個体差があり、色合いや質感に違いが出る場合があります。


牛革耐久性に優れていて汎用性が高いのが特長です。オイル加工したものは寒い場所でも硬くなりにくく、初めから手に柔らかくなじみます。 通常の革手袋は洗うと硬めになりますが、オイル加工したものは硬くなりにくいのが特長です。


豚革柔らかくて軽くて丈夫、牛革より薄手で、価格が安めなのが特長です。


クレスト
:牛革または豚革を薄く伸ばす加工をした革です。手にフィットし柔らかな使い心地が特長です。価格は少し高めになります。表革、本革とも言われます。


甲メリ:甲部分の素材にメリヤス(綿)を使用し、通気性が良く、手を握ったり開いたりの作業がラクなのが特長です。溶接作業などには不向きです。


床革:牛などの厚みのある革を2枚にそいだ場合にできる、表皮のない部分の革です。少し固めの素材ですが切創に強く、耐熱性に優れているため溶接作業等に向いています。表革・本革に比べると安価です。


内縫い:縫い目が手袋の内側にあり、溶接等の火が当たっても糸が切れる事がなく、何かにひっかけて切れる事もありません。手を握ったり開いたりする際に、縫い目部分が手に当たることがあります。


外縫い(背縫い):一番多く流通しているタイプで、外側に縫い目がある手袋です。


人工皮革 皮革は天然皮革の機能 と 構造 を人工的に再現した人工素材です。人工的に革に近い風合を持つ素材を目指して作られているので、感触も天然の革に近いです。また、天然皮革と同じように起毛させる スエード加工 や 銀付き革 に加工することもできます。加工方法は、合成皮革では布をベースにしていましたが、人造皮革では布に合成樹脂を染み込ませて加工したり、それをベースに上から合成樹脂を塗ることで天然皮革に似せて加工しています。合成樹脂は、染みこませるのにポリウレタンを使い、上から塗るのにはポリウレタンやポリ塩化ビニルがよく使われています。耐水性に優れているのが特徴で、靴や衣服などに多く使われています。

合成皮革 布地をベースにして、その上に合成樹脂を塗り、表面層のみを天然の革に似せた人工素材のことをいいます。合成樹脂はポリウレタン樹脂や塩化ビニールを使っているので、簡単に言うと 「 プラスチック製 」 や 「 ビニール製 」 ということになります。
この樹脂を表面に塗って型押しをすることで、革らしく見せる方法をとっています。見た目は革に似ていますが、革独特の匂いや手触りまでは十分再現することはできません。ちなみに、合成皮革は 合皮 とも呼ばれていて、ソファー や 車・バイク のシートなどに使われています。 

栄幸産業株式会社
〒520-0516
滋賀県大津市南船路74

TEL.077-592-8731
FAX.077-592-8730

──────────────

各職種作業用品全般製造・卸売り毎年宮内庁様に納品実績あり。

新規販売店さま随時募集中!!

年間3万着以上売れているハリケーンレインウェア!業界最安ストレッチレインスーツSTR!ネットショップ、専門店におすすめのレインウェア、各種用品多数あります。
軍手 長靴 安全長靴、各種レインスーツ、水産用合羽
 耐油安全長靴 たび 安全足袋 安全靴 スニーカー 革手 ゴム手袋 各種手袋 農作業 田植え 森林
林業 スパイク長靴 祭り足袋 ウェダー 胴付き長 アラミド踏抜きインソール 釣り装具等その他・卸

──────────────

 弊社では年間3万着以上売れているハリケーンレインウェア、
業界最安STRストレッチレインスーツなどの、レインウェアを
中心に各種作業に適した、
軍手、ゴム手袋、革手、各種手袋、足袋、安全靴、
安全長靴、各種長靴、各種作業靴、安全保護具などの製造、卸売り、
受注生産、OEM生産等しております。
特にレインウェアは専門店や、昨今のインターネットの普及による
ECサイト等の多くのお客様にご好評頂き、
幅広く販売していただいております。
どの様なご用件でも、お気軽にお問い合わせください。

0
3
6
9
3
2
TOPへ戻る